ヒフミドは男性が使ってもOK?!正しい保湿ケアのポイントは?

ヒフミド 男性

最近年令を重ねていくと、乾燥肌に悩んでいる男性も増えています。
ところが、なかなか男性向けの乾燥肌用のスキンケアは種類が少ないのが現状。

小林製薬のヒフミドは、セラミドが配合された化粧品として雑誌などでも頻繁に
紹介されていますが、男性が使ってもOKなのか悩んでいるメンズも多いと思います。

そんなあなたの疑問をここで解消してください。

 

ヒフミドは男性が使ってもOK?!

確かに、ヒフミドは乾燥肌に悩む女性向けに作られているスキンケア用品ですが、
男性が使っても、OKなんです!

よく、男性と女性では肌の質は違うから女性向けに作られた化粧品を使うのはNG
などと言われているのを、耳にしている人もいるかと思いますが・・・

実は、基本的な部分は男性・女性どちらも変わらないんです。
大きな違いといえば、男性の方が

水分量の差

皮脂の分泌量の差

皮膚の厚みの違い

の3つが違います。

この中でも、水分量については女性よりも男性の方が50%も少ないんです。
逆に皮脂の分泌量は、女性の約3倍も多いんです。

男性のお肌は、女性よりも水分量が半分と少ないだけでなく肌の【水分蒸発量】も多い
ので、実際には女性よりも乾燥肌になりやすいんです。

まずは、肌が乾燥してしまっている状態から、肌の水分の逃げにくい強い肌にして、
肌に潤いをため込めむのが、男性の乾燥肌さんのスキンケア選びのポイント!

肌に潤いを与えることによって、肌の乾燥が原因でバリア機能が低下してしまっている
状態から、肌を正常にする必要があります。

この、肌の水分を逃さずに潤いを貯め込むようにするために、化粧水を選ぶときに
【セラミド配合】のスキンケア用品を選びます。

実は、セラミドには4つの種類があります。

擬似セラミド(合成セラミド)

天然セラミド

植物セラミド

ヒト型セラミド

 

擬似セラミド(合成セラミド)

乾燥肌の人向けに作られている、化粧水の中にはセラミド配合となっているもので安価なものが
ありますが、安価なものを選ぶのはNG❢

というのも、安価な製品の殆どは擬似セラミド(合成セラミド)が配合されているからなんです。
擬似セラミド(合成セラミド)は、セラミドに類似した物質を化学的に合成して作られています。
保湿効果も、他のセラミドより低め。

大量生産ができるので、価格も安いという理由があります。

天然セラミド

天然セラミドは、馬由来や豚由来のものが有名です。
馬や豚の、脳や脊髄から抽出される動物由来のセラミドです。
抽出する量が少ないので高額になってしまいます。

植物セラミド

植物セラミドは、セラミドの中でも保湿力が一番弱いんです。
植物から抽出されているために、人の肌との組成とやや異なるのために保湿力が弱くなって
しまいます。

ヒト型セラミド

ヒト型セラミドは、保湿効果が高く、浸透しやすい性質を持っています。

乾燥肌に傾いているデリケートな肌に負担なく使え、低刺激で肌にやさしく、
敏感肌やアトピー肌でも使えます。

4つのセラミドの中でも、【ヒト型セラミド】が配合されたものを選ぶのが乾燥肌の人に
最適なんです。

そんな、乾燥肌に悩んでいる男性にヒフミドはオススメな化粧品なんです。
というのも、ヒフミドは【ヒト型セラミド】を高濃度配合した保湿化粧水だから。

ヒト型セラミドでも、健康な肌を維持していくためにも最も必要な
『ヒト型セラミド1・2・3』がヒフミドには配合されています。

【ヒト型セラミド】が配合されている化粧品でも、含有量が少ないものを使っても
肌の潤いは貯めることができません。

その点、小林製薬のヒフミドなら【ヒト型セラミド】が高濃度配合されているために
肌の隅々まで、潤いを浸透させ乾燥肌によって低下した肌のバリア機能を向上して
肌を強くすることができます。

 

乾燥肌に悩む男性の正しい保湿ケアのポイントは?

メンズの多くは、乾燥肌や敏感肌なんです。その原因というのが、間違ったスキンケア!

男性の乾燥肌・敏感肌には、2つのタイプがあります。

○間違ったスキンケアをしていたために、乾燥肌や敏感肌になってしまった。

○元々アレルギー体質やアトピー性体質で、それらが原因で敏感肌になってしまった。

男性の場合は、間違ったスキンケアを行なうことで、乾燥肌から敏感肌になってしまっている
人が多いです。

乾燥肌をそのままにしていると、乾燥によって肌のバリア機能が壊れてしまうために敏感肌に
なるんです。
敏感肌になると、肌に潤いを与えるために使うスキンケア選びが大変になってしまいます。

乾燥肌にならないための正しいスキンケア方法

乾燥肌・敏感肌を改善するためには、正しいスキンケアをすることです。

正しいスキンケアの方法は
特に、冬になると熱いお湯で洗顔して目を覚ますという人が多いのですが・・・・
熱いお湯を使うことで、《必要な皮脂》まで洗い流してしまっているんです。
肌を守るために《必要な皮脂》を、洗い流していることを繰り返しているうちにいつの間にか
乾燥肌になってしまっているという人が、とても多いんです。

逆に、暑い夏は冷たい水を使って洗顔していると、肌の汚れが十分に落としきれずに汚れが
蓄積してしまいます。

ついやってしまいがちな、ゴシゴシ洗いもNGです。

洗顔するときのポイント!
洗顔するときにの温度は、人肌よりちょっとぬるいくらい。最適な水の温度は30~35度くらいの温めの温度がベスト。洗顔後は、高保湿成分配合のヒフミドを使ってケアします。

間違ったスキンケアは、肌を乾燥させるだけでなく、老化の原因など様々なトラブルを
引き起こしてしまいます。

肌トラブルを引き起こすだけでなく、セラミドを大量に失ってしまいます。

正しいスキンケアを行って、高濃度のヒト型セラミドが配合された、ヒフミドを使って
しっとりとしたお肌を目指し美肌メンズになりましょう。